HOME製品一覧 陸上養殖システム"高効率酸素溶解装置"

陸上養殖システム"高効率酸素溶解装置"

特徴

概要

「高効率酸素溶解装置RS-30」は水中で曝気するのではなく、タンク内で高濃度酸素水を大量に作り、供給する装置です。

飼育魚を健全に生育させるためには、飼育水の溶存酸素量(DO)の管理が重要です。

酸素が水中に溶け込める量は、通気の強弱だけでなく、水温と塩分によって上限が大きく異なります。

 

本装置は酸素を効率良く水中に溶解させることで、魚類飼育時の理想的な溶存酸素量(DO値)を実現し、生産性向上を可能とします!

 

用途

養殖における飼育水中の溶存酸素量(DO)を増やすことで、生育環境を整えます。 

製品紹介

「高効率酸素溶解装置RS-30」「マイクロバブル発生装置RV-007」を導入し、飼育水の酸素富化を行うことにより、高密度養殖・生育促進・排水量削減を実現致します!

飼育魚種・飼育槽のサイズ・面数・現状の飼育槽内DO値などの情報を基に最適な装置構成をご提案させていただきます。

実績

ウナギ、マス、ヒラメをはじめとした幅広い魚種にて多数の採用実績があります。

 

そのノウハウをもとに、実際に貴社の現場を訪問の上で、最適な酸素供給方法を

ご提案いたします!

 

全国各地で酸素を自社生産しているガスメーカーのため、酸素の供給安定性は抜群です!

  

養殖用の酸素供給についてもお気軽にご相談下さい!

  

 

実績1.養鰻業者様

問題点: 水車による攪拌では溶存酸素量が上がりにくい

対 策: マイクロバブル発生装置を導入

効 果: 動力の削減および溶存酸素量の向上

  

実績2.養鰻業者様 

問題点: 陸上養殖システムで安定的な酸素供給に不安

対 策: 液体酸素タンクを設置し、タンク内の酸素残量も遠隔監視

効 果: 安定的な酸素供給を実現

  

実績3. ニジマス養殖業者様 

問題点: 掛け流し養殖で、落ち葉などが取水・排水溝につまる

対 策: 循環ろ過養殖 + 酸素供給システムを導入

効 果: 詰まりによる病気や死のリスクを最小限におさえ、生産性も向上

お客様の声

  • 養殖密度を向上させることができた

  • 生産歩留まりも向上した

  • 餌食いが良くなるため、出荷までの期間を短縮することが可能                   (10ヶ月→7ヶ月へ短縮)

  • 必要水量を削減することができた

  • 病気が減少した

カタログ/お問い合わせ

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。