フロン規制と液化窒素式冷凍機

フロンをめぐる動き

・モントリオール議定書 1987年に採択。19891月に発効。

  ”オゾン層を破壊する物質の廃絶が目的”

  特定フロン(CFCHCFCが規制対象。

 

・キガリ改正 2016年10月に採択。(※キガリ=ルワンダの首都)

  代替フロン(HCF)を新たに議定書の規制対象に

 

この改正により、フロン規制に関する動きが活発に・・・

フロンとは・・・

炭素と水素の他、フッ素や塩素や臭素など

ハロゲンを多く含む化合物の総称

冷媒や溶剤として使用されているが

オゾン層破壊の原因物質ならびに温室効果ガスである。

 

フロンには大きく分けて、CFC、HCFC、HFCがある。

CFC  オゾン層××地球温暖化××・・・・特定フロン

HCFC  オゾン層×地球温暖化×・・・・  特定フロン

HFC  :オゾン層○、地球温暖化×・・・・  代替フロン



 

■フロンの地球温暖化係数(GWP)一覧 ※IPPC4次レポートより

 

 

 

2009年末

までに全廃→

2020

までに全廃→

 

特定フロン

(塩素を含んだもので

オゾン破壊係数がある)

モントリオール 議定書対象物質

(生産、消費量規制)


代替フロン

オゾン破壊係数は

無いが、地球温暖化

係数がある)

京都議定書対象物質

(排出制限)

 

キガリ改定

(生産・消費量規制)

 

↑2016年10月採択



■低温に強いフロンが使えないことに・・・


■キガリ改正議定書における削減スケジュール


■液体窒素式によるご提案


  フロン代替案①(液化窒素式冷媒供給)


  フロン代替案②(液化窒素式凍結装置)

お問い合わせ/カタログ

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。