HOME製品一覧 > 冷凍バリ取り装置

冷凍バリ取り装置

装置概要

ゴムやダイキャスト等の成形品製造時に発生する「バリ」を、機械的に除去する装置です。

液化窒素の冷熱(マイナス196℃)を利用し、ゴム製品のバリを効率良く除去します。1mm程度の小さな商品から重量物まで、さまざまな商品に対応できる装置をラインナップしています。

基本原理

  1. バリ取り前のゴム製品を、液化窒素の冷熱を利用し冷却します。
  2. 冷却されることで、ゴム製品は脆化(固く)されます。冷却温度は、ゴムの材質によって変更します。
  3. 脆化したゴム製品に”衝撃”を与え、製品より薄いバリを優先的に除去します。”衝撃”を与える方式としては、メディアと呼ばれる樹脂製の細かい粒を対象物に対してショットする「ショット方式」が主流です。

特徴

この装置は、自動的にバリ取り作業が行えるので、人件費削減、作業の効率化、工程の自動化、などが可能になります。

装置の設定条件としては、「冷却温度」、「ショットメディアの大きさ」、「ショット材の投射速度」、「処理時間」、「バレル回転数」を変更することができます。

商品の材質、大きさ、およびバリの程度によってそれらの設定条件を変更します。

製品紹介

型式:CB-500Z-SUPER

最もポピュラーな機種です。 有効処理容量も、30L/回と最大です。 また、ショット力も強力になりました。

型式:CB-AP60

コンベア式を採用した新しいタイプの冷凍バリ取り装置です。 大型・中型成形品等のゴム製品が処理できます。 また、金属部品に成形されたゴム製品のバリ取りも可能です。

型式:CB-380B

微細成形品および極小径Oリング等の非常に細かい製品の処理が可能です。


撹拌方式:バレル式

設定温度:常温~-120℃

有効容量:30L

動力:6.6kW 200V3相

撹拌方式:ベルトコンベア式

設定温度:常温~-120℃

有効容量:60L

動力:6.5kW 200V3相

撹拌方式:着脱バレル式

設定温度:常温~-120℃

有効容量:3L

動力:4.3kW 200V3相


お客様の声

  • 手作業では取れないほど細かいバリが取れるようになった。
  • 処理量が増えて、作業効率が向上した。
  • 以前の装置よりコンパクトになった。

お問い合わせ

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。